なぜか誤ったトリビアが広まってる?マッチ売りの少女

マッチ売りの少女、という童話は、雪の降る寒い大晦日の夜にマッチが売れず、雪の中で暖かいストーブやおいしそうな七面鳥、亡くなった優しいおばあさんなどの幻を見ながら凍え死んでしまう、そんな悲しい童話ですね。童話の中でこれほど悲しい結末のものも珍しいと思います。

さて、そんなマッチ売りの少女ですが「それのトリビアなら聞いたことある!」という方の意見で多いのが、「マッチ売りの少女は実は売春婦だった」というトリビアです。

実は、原作にもどこにもそんな事実はなく、マッチ売りの少女はマッチしか売っていません。では、どこからそのような間違ったトリビアが広まってしまったのでしょうか。今回は、マッチ売りの少女について紹介していきましょう。

マッチ売りの少女は、1848年にハンス•クリスチャン•アンデルセンによって発表された童話で、現在に伝わっているものと原作とでは、とくに大きな違いはありません。

アンデルセンは、この物語を作るにあたってどういった思いで作ったのかというと、自伝などにははっきりとは記されてはいないのですが「自分の母親が幼い頃、経済的にとても貧しかったため、世の中にはこのような境遇の人もいる、ということを世の中に伝えたい、知ってほしい」

という思いで作ったのではないか、という見解が、アンデルセンの研究者たちにより導きだされています。

また、物語が作られた当時「この結末は童話にしては悲しすぎるから、変えてくれないか」という読者からの問い合わせも多く起こったそうです。

しかし、アンデルセンによると「この少女はこうしておばあさんの魂に導かれて死んでしまうことでしか、幸せになることはできない、これが彼女にとって最善の方法である」として、結末を変えなかったとのことです。

生きていても、マッチが売れなければ家に入れない、少女をすぐに叱る、そんな父親と一緒に住むしかない、他に行く当ても無い、死ぬことでしか幸せになれない少女の境遇…とても悲しいですね。

さて、それではどこでマッチ売りの少女が売春婦の話になってしまったか、という話にもどりましょう。その原因はどこにあったか、というと、どうやらそれは、作家の「野坂昭如」が1966年に発表した同名の小説である「マッチ売りの少女」にあるようです。

この小説の内容は、大阪は西成区の街中に立って客をとっている「たちんぼ」と呼ばれる街娼婦の話で、マッチの明かりが灯っている間だけ、立ったままの格好で着物の中に客を招き入れて、股を開いて中を見せてくれる、という商売をしている女性の話です。

昔は実際にこのような商売をしている方はいたようですが、いつしかその小説のこのエピソードだけが一人歩きをして、アンデルセンのマッチ売りの少女の話と重なってしまったようです。

まさか、このような風俗の話と子供向けのアンデルセンの童話が重なってしまうとは、人の「うわさ」や「裏話」を伝える力というもののすごさを感じますね。

一寸法師が旅に出た理由は、両親に嫌われていたから?

一寸法師、というと小さい男の子が京都へ行き、大きな鬼を倒した後、鬼が置いて行った打ち出の小槌で長身の青年になったことで、立派なお侍となって、お姫様と結ばれ幸せになった、という昔話ですね。

現在のあらすじでは、一寸法師は自らすすんで「京都へ行ってみたい、お侍になりたい!」と申し出たようになっていますが、元々の原作ではちょっと事情が違ったようです。今回は、この一寸法師について紹介していきましょう。

一寸法師は、元々は鎌倉時代から江戸時代にかけて成立した「御伽草紙」に掲載された物語で、古い歴史のある昔話です。

産まれたときから身長が「一寸」しかなかったことから「一寸法師」と名付けられたのですが、一寸という長さ、現代では使わないのでいまいち分かりづらいですよね。

一寸、という長さを現代のメートル法に直すと、実は、3cmという大きさになります。改めてその小ささにびっくりしますね。人の息で吹き飛んでしまいそうな大きさです。

さて、そんな一寸法師を産んだのは、子供が無かったために「子供をください」と望んで一寸法師を授かった老夫婦です。

その生みの親のおじいさんおばあさんは、産まれてから何年経っても3cmという大きさから成長しなかった一寸法師を見て、「これはもしかして化け物なのではないか」と気味悪がったらしいのです。

そんな空気を肌にひしひしと感じた一寸法師は、「京都へ出る」と、家出をするように京都へ出ました。それが、原作と現代の一寸法師との大きな違いです。

その他、現代のあらすじでは、一寸法師がお姫様を鬼から助けたのは、お宮参りの途中で鬼に出会ったから、となっていますが、原作では鬼の住む薄気味悪い島に流れ着いたために、鬼と戦うことになったとしています。

というのも、一寸法師が京都へ上がってから住まわせてもらった宰相の家のお姫様に、一寸法師が惚れ込み、「この子をお嫁さんにしたい」と思ったのですが、自分の身長ではそれは叶うまいと思った一寸法師はひと芝居打つことにしたのです。

その芝居とは、お姫様が寝ている間に神棚の米をお姫様の口になすり付け、一寸法師は「自分の米をお姫様が食べてしまった」と泣きわめくことことでした。

人様の米を盗み食いするような娘は家には置いておけない、とお姫様と一寸法師はともに家を追い出され、船に乗って海に出たところ、鬼のいる島へ流れ着くことになります。現代のあらすじの方が、とても分かりやすくなっていますね。

また、一寸法師が元々住んでいた地域についてですが、御伽草紙に「住み慣れし難波の浦をたちいでて都へ急ぐ我が心かな」という記述があるようです。このため、彼は、三津寺から難波付近に住んでおり、京都へ出発したのは、道頓堀川を伝って行ったのではないかと、されています。

最後に鬼が置いて行った打ち出の小槌で、長身の青年になった、と言われる一寸法師ですが、その身長をご存知でしょうか。

一寸、とい大きさに合わせて記すと、その身長は6尺の大きさになったということです。6尺を現代のメートル法に直すと、だいたい182cmという高さになります。

3cmから182cmという、約60倍もの高さに成長して、一寸法師自身もさぞかし驚いたのではないでしょうか。

ちなみに大きく成長した一寸法師の、鬼を退治したという武勇伝は京都でも広まり、一寸法師は帝に呼ばれ、気に入られて中納言という高い役職にまで出世したということです。

恩返しが原因で焼き鳥になるハメに!ある地域の鶴の恩返し

鶴の恩返し、と言えば、雪の中、おじいさん、もしくは若者が助けた鶴が恩返しに来るという有名な昔話ですね。鶴に限らず「助けた動物が何かしらの恩返しにくる」という流れの昔話は多く存在しているようです。

例えば、相撲で負けてばかりのネズミと、その相手のネズミに餅とふんどしを用意してあげたことで、小判をもらって裕福になったおじいさんとおばあさんの話「ねずみの相撲」。

豆を盗みに来た子持ちの母狐に、豆をやり逃がしてやったことで、翌日やって来た狐が恩返しにと良い太鼓に化け、その太鼓を町で売って大もうけしたおじいさんの話「狐の恩返し」。

浜辺でカメを助け、アブに弁当の残りをやったことで、彼らの手助けがあり広いお屋敷の娘のお婿さんになることができた「カメとアブの援助」。

その他にも、川底に刺さった刀が原因でひとりぼっちになったカッパの話相手をした和尚さんのおかげで、改心したカッパが村人のために命を落とすまで雨乞いをして雨を降らせる「カッパの雨乞い」。

また、「猿の恩返し」や「カエルの恩返し」、「ハチの援助」、「山鳥の恩返し」、「カニの恩返し」、「緋鯉の恩返し」などなど挙げればキリがありません。

その中でも鶴の恩返しは、鶴が娘の姿になってやって来て、その羽を活かしてすばらしい反物を織ってくれる、さらに反物は高値で売れたのでおじいさんたちは裕福になったというお話です。

さらに印象的なのは「のぞいてはいけませんよ」と言って機織りをするシーンではないでしょうか。見られたら正体を明かして、飛び去ってしまう、というエンディングも切なくて印象に残りますね。

そんな鶴の恩返しですが、ある地域に伝わるこの昔話には、この先に続きがあるようです。その続きとは、いったいどんなものだったのでしょうか。今回は、鶴の恩返しについて紹介していきましょう。

結末が一風変わった鶴の恩返しが伝わるのは、大阪のあたりで、最初は一般的な鶴の恩返しとそれほど変わらない始まり方をします。

ある日、雪の中旅をしていたおじいさんが、罠にかかっていた一羽の鶴を助けます。しばらくして自宅に帰ったおじいさんの元に、娘が尋ねて来ます。雪もひどいのでしばらく家においてやることにしました。

やがて娘はおじいさんの身の回りの世話をするようになりますが、ある日部屋に機織り機があるのを見つけ「織物をしても良いか」と織物を始めます。

ところが織物を始めると、娘はだんだんと痩せて、やつれていってしまいました。「どうしたんだろう」と心配したおじいさんは、ある日機織り機のある部屋の戸を開けてしまいます。

すると、羽が抜け落ちてあわれな姿になった鶴がいました。鶴は「見られたらここにはいられません」と飛び去ります。

ところが、大部分の羽を織物に使っていた鶴は、うまく飛ぶことができませんでした。しばらく飛んだ後、道頓堀のあたりに墜ちて死んでしまっているのを、そこに住んでいる人が拾って焼き鳥にしておいしく食べてしまった、ということです。

最近見かけないかちかち山、その原因はアレを食べちゃうせい?

かちかち山、という昔話を覚えているでしょうか。以前は絵本やアニメの昔話などでもよく見かけた気がしますが、最近はあまり見ませんね。

その原因というのも、おじいさんがおばあさんの肉を食べてしまう、という衝撃的なシーンがあるせいかもしれません。

今回は、なぜおじいさんがおばあさんの肉を食べることになったのか、なども含めて「かちかち山」のあらすじを紹介していきましょう。なお、この童話は室町時代末期から江戸時代にはあったと言われている歴史のある昔話です。

あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。二人は毎日畑仕事に精を出していましたが、しょっちゅう悪い狸がやってきては、二人が植えた種や作物を掘り返したり荒らしたりして悪さをしていました。

怒ったおじいさんは罠を作り、この悪い狸を捕まえるとおばあさんに「よしよし、夕飯は狸汁を作ってくれ」と言って畑に出かけました。

おばあさんは早速狸汁を作ろうとしましたが、狸が「もう悪さはしませんから許してください」と言うのでかわいそうになり、狸の縄をほどいてやると、狸は突然おばあさんに飛びかかり、側にあった杵でおばあさんを殴り殺してしまいました。

そしておばあさんの肉で婆汁を作るとおばあさんに化け、おじいさんの帰りを待っていました。帰ってきたおじいさんは、それを嬉しそうに食べました。

おばあさんに「これで平和になるなあ」と話したところおばあさんは狸になり、「それは婆汁だよ!」と言って憎たらしく笑いながら逃げて行きました。おじいさんは途方に暮れました。

狸に仕返しをしたい、けれど良い方法が見つからないおじいさんは、近所に住んでいる頭の良いウサギに頼ることにしました。ウサギはわけを聞くと憤慨し「私に任せて」とおばあさんの敵討ちを引き受けます。

まずウサギは狸のところへ行って「お金になる話があるんだけど、一緒に山へ行かない?」と誘って山へ柴刈りに誘います。

背中が柴でいっぱいになったところで、ウサギが火打石を持ち出し、その柴に火をつけようとします。「かちかち」という音が響くのを不審に思った狸が「ウサギさん何の音?」と聞くとウサギは「ここはかちかち山だから、かちかち鳥が鳴くのよ」と言いました。

やがて狸の背中から大きな炎が上がり始め、狸は背中に大火傷を負いました。そして狸が自宅で休んでいると「具合はどう」と言ってウサギが薬を持ってやってきました。「これは火傷によく効く薬なの。塗ってあげる」と、たっぷり唐辛子が入った味噌を火傷にすりこみました。

それから狸は何日間か激痛に悩まされました。火傷が治ると、ウサギは今度は「この前は悪かったわね。お詫びにたくさん魚が捕れるところに案内するから、一緒に魚を捕って食べましょう」と誘います。

小さい木の船と、大きな泥の船を用意して狸に選ばせました。「大きい方が魚がたくさん乗るわね」と言うと狸は迷わず泥の船を選びました。

沖に出ると案の定、泥の船には穴があき沈み始めました。溺れていく狸を、ウサギはさらにオールで叩いたり押さえつけたりしたので狸は溺れ死んでしまいました。ウサギはおばあさんの敵討ちに成功しました。

以上がかちかち山のあらすじですが、この原作の他に芥川龍之介がかちかち山を書き直しており、そこでは、ウサギは10代後半の美少女に、狸は、そんなウサギに恋いこがれ、ただ従う中年の男性に擬人化されているようです。

1 2 3 4 5