こんな猫なら家に一匹ほしい!長靴をはいた猫

最近では犬よりも猫を飼っている方が多いほどの猫ブームで猫の写真集なども売れているようですが長靴をはいた猫という童話をご存知でしょうか。

近頃子供向けの絵本でもあまり見かけない気がするこの童話ですが、猫好きの方も猫嫌いの方も「こんな猫ならほしい」と思わず言ってしまいそうな内容です。

ブログの趣旨からは少しず外れますが、今回はこちらのあらすじについて紹介しましょう。なお作者は「赤ずきんちゃん」「シンデレラ」などのシャルル•ペローです。

ある日、一人の粉挽き職人が亡くなります。彼には三人の息子がいたのでそれぞれに遺産が分けられました。一番上の兄には粉挽き小屋、二番目の兄にはロバ、末っ子には余り物の猫が与えられました。

末っ子は猫一匹じゃ何にもならない、とガッカリです。すると猫は「僕に長靴と大きな袋を用意してください、そうしたらご主人を幸せにしてみせます」と言います。末っ子は、それを当てにはしませんでしたがその通りにしました。

長靴と袋をもらうと、猫は早速それをはいて袋で簡単な罠を作り、ウサギがいる場所へ仕掛けて見事にウサギを捕まえました。

それを王様のところへ献上に行きこのように言いました。「我が主人、カラバ公爵が狩りをしましして。これを王様に献上するよう言いつけられて参りました。どうぞお納めください」

王様は喜んでウサギを受け取りました。そんなことが2、3ヶ月続きました。王様とすっかり親しくなった猫は、ある日、王様が姫様を連れて馬車で散策するという情報を聞きつけます。そこで、飛んで帰って末っ子に言いました。

「そこの泉で溺れるフリをしてください。あとは僕が良いようにします」末っ子は急いでその通りにし、猫は末っ子の脱いだ服を石の下へ隠しました。

やがて王様がその場所を通りかかると、猫は金切り声で叫びました。「大変だ!我が主人カラバ公爵が溺れそうだ!しかも服が盗まれてしまった」これを聞いた王様は、慌てて末っ子を泉から引き上げ上等な着物を着せました。

王様と一緒に馬車に乗った末っ子を前に猫は「お礼に王様を我が城へご案内致します」と言って先を歩き始めます。

そして道の先々にいる農夫に「王様がこの土地は誰のものかと尋ねられたらカラバ公爵のものですと言え。さもなればお前の頭をかじってやるぞ」とおどしました。

そして、本当に王様がそう尋ねられた時、農夫たちは言われた通り答えたので王様は土地の広さに感心しました。

やがて、猫は一足先に大きな城にたどり着きました。その城は、この辺りを本当に所有している魔法使いの城でした。猫はこのことはよく知っていたので、城に入ると魔法使いに丁寧に挨拶をしてこう尋ねました。

「あなたは何にでも化けることができる偉大な魔法使いだとお聞きしましたが本当ですか?例えば大きなライオンにも?」

魔法使いは「そんなことは簡単だ」と言ってたちまち立派なライオンになりました。猫は飛び上がって驚いて見せました。やがて魔法使いが元の姿に戻ると今度はこう尋ねました。

「それでは小さいハツカネズミのような、そんなものにはまさかなれませんよね?」魔法使いはそれを聞いて「それも簡単さ」とすぐに小さなハツカネズミに化けました。

すると猫は、たちまちそのハツカネズミを捕まえて食べてしまいました。やがて王様の乗った馬車が城に到着し、猫は「ようこそ我が城へ!」と王様と姫様を出迎えました。

王様と姫様はカラバ公爵の城と土地の広さに感心し、二人を結婚させることにしました。末っ子と長靴をはいた猫は貴族になり、自由気ままに幸せに暮らしました。

実はあの継母は三人目。二人目はシンデレラが○○してた!

シンデレラと言えば、継母や意地悪な姉たちにいじめられていた女の子が、魔法で美しい女性に変身し、さらには王子様と結婚してしまうという、女の子にとっては夢のような素敵な童話ですね。

その童話のあらすじから、例えば、貧しい方が何かの弾みで突然お金持ちになったり、一般の女性が有名な芸能人と結婚した、といったような人生を送った場合に、そのことを「シンデレラストーリー」と呼ぶこともあります。

そんなシンデレラですが、彼女は幸せになるために、元々の原作ではある罪を犯していました。その罪とはいったい何でしょう。今回はシンデレラについて紹介していきましょう。

シンデレラは、元々は古くから伝わる民間伝承話であり、同じような内容のものは、ドイツやフランス、イタリアなど色々な地域に伝わっています。

その中でも、日本で一般的に知られているのはシャルル•ペローが書いたもので、その他にはグリム兄弟が書いたものや、古くはジャンバッティスタの書いたものが挙げられます。

なお「シンデレラ」は英語ですが、和訳だと「灰かぶり」「灰かぶり姫」、フランス語だと「サンドリヨン」という表記になります。

シンデレラの原作で一番古いものは、ギリシャで紀元前1世紀に記録されたものです。ずいぶん古い歴史がありますね。

このシンデレラでは、エジプトの一人の女奴隷が主人公となっており、ガラスの靴は、代わりにバラ飾りの付いた靴となっており、最後には王様と結婚します。

さて、このように色々なバージョンが存在するシンデレラの中でも、彼女が罪を犯してしまっているのが、ジャンバッティスタの書いた「五日物語(ペンタメローネ)」です。

ペンタメローネは、17世紀の1634年から1636年に発行された、ナポリ方言で記された民話集です。シンデレラの他、「白雪姫」「長靴をはいた猫」などの原型となる民話が収録されており、後にシャルル•ペローやグリム兄弟が、この原型を取りあげて現在の形にしました。

このペンタメローネでのシンデレラの原作によると、現在に伝わる意地悪な姉たちを連れて来た継母は三人目の母親でした。

では本当の母親の次の二人目の母親はどうしたのか?というと、なんとシンデレラが殺してしまったということになっています。

シンデレラは意地悪な二人目の母親について悩んでいました。これを家庭教師の女性に相談したところ、その家庭教師がある提案を持ちかけます。

「母親に衣装箱の中の服を探してほしいと頼んで、探している間に蓋を勢いよく閉めて、首の骨を折れば殺せる」「そして、私を新しい母親にしてほしいと父親に頼みなさい」

そしてシンデレラは、女性家庭教師の言った通りに作戦を決行し、その家庭教師を新しい母親に迎えました。

…でもシンデレラは継母たちのいじめからは結局逃れられなかったわけですが、最終的には王子様と幸せになれて良かったですね。しかし、そんな彼女の過去にこんな恐ろしい歴史があったとは。シンデレラは意外とタフですね。

どんな話だったか誰も覚えていない…キャラだけ有名な金太郎

金太郎は、そのかわいらしくたくましい姿からこどもの日の置物や、イラストなどにもよく起用されており、日本人にたいへんなじみ深いキャラクターかと思います。

しかし、そのあらすじを尋ねると「熊に乗っていることくらいしか知らない」という方がほとんどのようです。私も「金太郎にあらすじがあったのか!」と驚きました。

というのも、金太郎は昔話で有名になったと言うより、童謡で有名になった珍しいタイプのキャラクターだからです。そのため、歌詞にある「熊にまたがり相撲の稽古」という部分しか知らない、という方が多いのです。今回は金太郎のあらすじを紹介しましょう。

昔、足柄山の中に母親とその子供が仲良く暮らしていました。子供の名前は金太郎と言い、毎日森の中を駆け回っては、動物たちと相撲をとって遊んでいました。

ある時、偉いお侍さんの家来が森を通りがかった際に金太郎を見かけ、その力の強さを見込んで、一緒に京都に来て家来の一人になってほしいと、母親に御願いに来ます。

金太郎は母親が京都に勤めに行った際に身ごもった子であり、父親は京都で亡くなっていましたが
、元々は坂田という名字もあったことから、金太郎は坂田金時(さかたのきんとき)と名乗ることにして、京都で偉いお侍さんの家来になります。

その後、坂田金時はグングン力を発揮し「頼光四天王」と呼ばれるまでに成長します。それから36年後、福岡へ九州の賊を征伐に行く途中、重い熱病をわずらい、55歳でその生涯を閉じました。

その地域の人々は坂田金時を慕い、その遺体を栗柄神社という神社を建てて、祀ったということです。…以上が金太郎のあらすじです。童話にしては山場などがあまり無く、確かに覚えにくいストーリーですね。

坂田金時という人物が実際にいたかどうかはハッキリしていませんが、金時を祀ったとされる栗柄神社は、岡山県勝央町に実際に存在します。ということで、岡山県は桃太郎にも金太郎にも縁の地ということになります。

それから、金太郎は浮世絵の題材になったり、歌舞伎の題材、また童謡になったりしたことで広く日本中に知れ渡ることになります。

ちなみに、赤くて甘い煮豆の「金時豆」は坂田金時の名前が由来となっています。これは、金太郎が赤い頬をしていたからだとか、踏ん張って力を出す時に顔が真っ赤になったからだとかいう説があります。

さらに、「キンピラゴボウ」の金平の金太郎と関係の深い名前です。坂田金時には実際には子供はいませんでしたが、歌舞伎では金太郎の子供がいたら…という設定で物語が作られ、その金太郎の子供の名前を「坂田金平」としました。

キンピラゴボウはごぼうの歯ごたえが強く、トウガラシが辛いことから、強くたくましいイメージが付き「坂田金平のような料理」ということで、キンピラゴボウとなりました。

実在、架空の人物に関わらず、昔話の登場人物から今に伝わる料理の名前が決まるということは、たいへんおもしろいことですね。

豚は雑食と言うけれど…オオカミも煮て食べちゃった!三匹の子豚

三匹の子豚という童話は、誰もが一度は読んでもらったことのある童話の一つではないでしょうか。三匹の子豚の兄弟がそれぞれ、わら、木、レンガなどで家を建てて、家にやってくるオオカミを撃退する物語ですね。

現在の物語では、オオカミは煮えたぎったお湯で火傷を負ったり、または死んだりしないし、子豚も、レンガで家を作った子豚の元へ逃げ込むことで、一匹も食べられない場合が多いようですが、元々の原作ではどうだったのでしょうか。

今回は、三匹の子豚の原作について紹介していきましょう。…この三匹の子豚も古い歴史があり、18世紀の後半には物語の載った本が出版されていたようです。しかし物語自体は民間伝承話とされており、もっと古くから存在していました。

元々の原作では、実は、三匹目の子豚がオオカミとの頭脳戦を繰り広げます。そして、わらで家を作った一匹目の子豚と、木で家を作った二匹目の子豚は、やってきたオオカミに食べられてしまいます。

現代のあらすじとちょっと異なる点は、オオカミが、レンガの家の煙突からお湯の煮え立った鍋に落ちるまでにはちょっと時間があるところと、何と、最後に子豚がオオカミを食べてしまうところです。

三匹目の子豚のレンガの家が吹き飛ばせない、とわかったオオカミは、何とか子豚を外へおびき出そうとします。一度目は、「近所においしいカブがなっているから一緒に言って食事しようよ」と言って誘い出します。

しかし頭の良い子豚は、オオカミと約束した時間の朝6時よりも早く起きてカブを取りに行き、オオカミが迎えに来ると「もう取りに行ったから大丈夫」と言って断ります。

二度目は「おいしいリンゴがなっている木があるから、一緒に取りに行こう」と誘います。これは朝の4時に約束しましたが、これも子豚は早く起きて、オオカミよりも早くリンゴの木にたどり着きリンゴを取ります。

ところがリンゴの木は意外と遠い場所にあり、取っている途中でオオカミに見つかります。子豚は「君にも取ってあげよう」とリンゴの実を遠くに投げ、オオカミがそれを取りに行っている間に木から降りて、無事に家に帰ります。

三度目は、「近所でお祭りがあるから一緒に行こう」と誘い出します。これも子豚は約束の時間より早くに一人で出かけ、大きなバターの缶を買います。オオカミがやって来るのが見えた子豚は、買ったバター缶の中に隠れて、転がって帰りました。

この転がってくる大きなバター缶に驚いたオオカミは、お祭りにも行かずに帰ったのですが「缶が転がって来て驚いた」という話を子豚にすると、「それは僕だよ」と愉快な様子で答えた子豚に、オオカミはついに怒り、レンガの家の煙突から中に入ろうとします。

そこで三匹目の子豚は大きな鍋に湯を沸かし、降りてきたオオカミはそのまま煮えたぎった鍋に落ちます。すると子豚は蓋をギュッとしめて蓋の上に乗り、オオカミをよく煮て汁にして食べてしままった、というのが原作です。

悪いオオカミが最後に退治されて、すっきりしたような気もしますが、子豚がオオカミを食べるという画はなかなか衝撃的ですね。

1 2 3 4 5