浦島太郎がおじいさんになった後さらに何かに変身!その正体は

浦島太郎と言えば、浜辺でいじめられているカメを助けたら、海の中の竜宮城に案内され、しばらくその場でくつろいで帰ったら何百年も経過していた上に、お土産の玉手箱を開けたらおじいさんになってしまった…

という、良いことをしたのに最後はなぜかバッドエンド、という内容の昔話ですね。今回はこの浦島太郎について紹介していきましょう。

浦島太郎の歴史は古く、一番最初の原作は8世紀の初め頃に成立した「日本書紀」に登場します。その日本書紀では、浦島太郎とカメの出会いは現在とは異なっており、いじめられていたカメを「助けた」のではなく自分で「釣り上げた」となっています。

釣り上げたカメはなぜかその場で女に化け、浦島太郎はこのカメだった女を気に入って結婚します。そして二人で色々な場所の仙人に会ってまわった、というあらすじになっています。

その後、室町時代に入り、浦島太郎の物語はその頃に成立した「御伽草紙」に再登場します。御伽草紙になると、やっと現代に通じる「乙姫様」や「竜宮城」「玉手箱」などが登場します。

この御伽草紙の浦島太郎は、現代のものにかなり近づいていますが、異なる点がいくつかあります。まず、竜宮城で過ごした時間と、実際に過ぎていた時間が正確に記載されていることです。

御伽草紙によると、竜宮城で過ごした時間は3年間で、浦島太郎が「そろそろ帰ります」と自分の村に帰ると700年が経過していたというのです。700年も経ってしまうと、言語さえも変化していそうですよね。

次に、「決して開けてはいけない」と言われた玉手箱を開けておじいさんになった浦島太郎ですが、さらにその後、鶴に変身してしまいます。もちろん、この状態にビックリした浦島太郎は、竜宮城へ引き返し、乙姫様にその理由を尋ねます。

すると、正体がカメである乙姫様は、このように答えます。「鶴は千年、カメは万年生きられます。あなたはここにいる間に700年も経ってしまいました。鶴にでも変身しなければ死んでしまいます」

その答えに納得した浦島太郎は、残りの人生を、乙姫様と一緒に仲良く過ごしました、というハッピーエンドを迎えます。

その他、御伽草紙では浦島太郎が存在していた場所を「丹後の国…」と記しています。丹後の国とは現在の京都府の舞鶴のあたりとされており、京都府与謝郡には浦嶋神社という浦島太郎に縁のある神社があります。

この神社では、室町時代から伝わる玉手箱や、巻物などがある宝物資料館があり、予約制で見物できるようです。

また、縁のある地という点では、神奈川県横浜市も挙げられます。ここに伝わる話では、相模国三浦が出身の浦島太郎は、仕事で丹後の国に行っていた、となっており、玉手箱を開けておじいさんになった浦島太郎は、近所の人に聞いて大昔に亡くなってしまった両親の墓を探したとあります。

やっとのことで見つけた両親の墓の側に家を建てて住み、後々そこは観福寿寺というお寺になったということです。明治になって廃寺になってしまった観福寿寺ですが、そこにあった聖観世音菩薩像は神奈川県の運慶寺に安置されています。

昔話に縁のある地や、ものを見て回ると、物語と現実がつながるようでおもしろいですね。自分の好きな昔話の縁のある地を調べてみるのも良いでしょう。

白雪姫の棺を譲り受けた王子様の異常だったかもしれない性癖とは

白雪姫は、ディズニーなどでアニメ化されていることもあり、あらすじを知っている方が多い童話の一つではないでしょうか。

魔法の鏡を持った悪い継母と、真っ赤な毒リンゴ、七人の小人と、ディズニーでは王子様の口づけで毒リンゴの魔法が解けて生き返る、などのエピソードが印象的ですね。それでは最初に、大まかなあらすじについて振り返ってみましょう。

あるところに美しいお妃様がいました。雪の日に裁縫をしていたお妃様は、針で指を刺してしまったのですが、雪の上に落ちた自分の血を見て「この雪のように白く、赤い唇と頬を持ち、黒檀のように黒い髪の女の子が欲しい」と言いました。

間もなくその通りの王女を産んだお妃様でしたが亡くなってしまいます。すぐに大変美しい新しいお妃様が迎えられましたが、そのお妃様は魔法の鏡を持っている魔女で、自分が一番美しくないと我慢できない性格でした。

お妃様は毎日魔法の鏡に「この世で一番美しいのは誰?」と尋ねます。嘘をつかない鏡は「もちろんお妃様です」と答えていましたが、ある日から「それは白雪姫です」と言うようになりました。白雪姫は七歳になっていました。

自分が一番でないと気が済まないお妃様は、白雪姫を殺そうとします。まずは猟師に「森の奥で撃ち殺してきて」と依頼しますが、猟師はいざとなるとかわいそうになり、白雪姫も、城には戻らないことを約束し森へ置き去りにされます。

その後白雪姫は、七人の小人が住む家を見つけ、家事などをする代わりに家においてもらうことになります。一方、魔法の鏡で白雪姫が生きていることを知ったお妃様は、自ら物売りに変装して白雪姫の元へ出向きます。

毒の着いた櫛や、腰紐などで白雪姫を殺そうとしますが、いずれも小人たちによって助けられます。最後に毒リンゴでついに白雪姫は亡くなってしまいます。小人たちは大変悲しみ、亡くなってもなお美しいままの白雪姫をガラスの棺に入れて、交代で番をしました。

やがてその棺の前を王子様が通りかかります。王子様は白雪姫の美しさに一目惚れし、ぜひ棺を譲ってほしいと願い出ます。最初は首を縦に振らなかった小人たちでしたが、王子様があんまり必死なので棺を譲ることにしました。

棺を動かすとその弾みで、喉に引っかかっていた毒リンゴの欠片が取れ、白雪姫は生き返ります。王子様は喜んで、その場で結婚を申し込みました。白雪姫は、王子様と幸せに暮らしました。

以上が白雪姫の大まかなあらすじです。自然に最後まであらすじを振り返ってきましたが、よく考えると王子様の行動にはおかしい点があります。

それは、棺に入った白雪姫は遺体だったにも関わらず、どうしても譲ってほしいと言ってきかなかった点です。このことから、王子様は死体に愛着を持つ、いわゆる「死体愛好家」だったのではないか、という見方をされることがあります。

その他、元々の原作では白雪姫の特徴である「黒い髪」は黒ではなく、ブロンドであり黒かったのは瞳であるとも言われています。

子供には内緒。桃太郎は○○ったおじいとおばあから生まれた!

桃太郎といえば、「桃から生まれた」というエピソードが印象的な童話ですね。小さい頃にお遊戯会などで演じた、という経験がある方もおられるのではないでしょうか。

ですが、実はこの印象的なエピソード、元々の原作とは違うって知ってますか?とりあえず、現在の桃太郎のお話を振り返ってみましょう。

あるところにおじいさんとおばあさんがいました。ある日おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から大きな桃が流れてきます。

おばあさんはその桃を拾って帰り、おじいさんと一緒に食べるために割ろうとした瞬間、桃は勝手に割れて、中から元気な男の子が出てきます。おじいさんとおばあさんは、その子に桃太郎と名付けて大事に育てます。

やがて、大きく強く成長した桃太郎は、近所に悪い鬼が出て悪さをしているという情報を聞いて、鬼を退治に行きます。おじいさんとおばあさんは、桃太郎にきびだんごを作って持たせてやりました。

道中で、犬と猿とキジに出会います。彼らはきびだんごをもらう代わりに、桃太郎の鬼退治に同行しました。間もなく鬼のいる鬼が島に着いた桃太郎たちは、鬼を一気に倒して、鬼の持っていた財宝を抱えておじいさんおばあさんの元へ帰り、幸せに暮らしました。

以上が現代の大まかなあらすじです。桃太郎は、さかのぼれば室町時代に作られた童話であると言われており、世の中に広まったのは江戸時代のことです。

その後、明治時代に確立したエピソードでは、桃太郎は桃から産まれたのではなく、流れてきた桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんが子づくりをして、その結果産まれたのが桃太郎である、というあらすじが主流になっていました。

その他、桃太郎のゆかりの地と言えば、岡山駅前に桃太郎と犬、猿、キジの像なども建っていることもあり、「岡山県」を思い浮かべる方が多いかと思います。

桃太郎と岡山県が結びつけられているのは、桃太郎がおじいさんおばあさんに持たせてもらったきびだんごに深い関係があります。

というのも、きびだんごの「黍(きび)」と、岡山の江戸時代の名産品が「吉備(きび)だんご」であったことに関係があると考えられているからです。

しかし実際のところ、桃太郎と縁のあるきびだんごと、岡山県の名産の吉備団子が同一であるかどうかは、はっきりしたことはわかっていません。

また、桃太郎のゆかりの地とされる地域も、岡山県以外に、愛知県の犬山市(桃太郎神社)や奈良県の磯城郡など、いくつかの地域が挙げられます。

その他、地域によっては桃太郎が正義感あふれる性格ではなくて、何にしてもものぐさな性格で、周りに「やれ」と言われて受動的に仕方なく鬼退治に行くバージョンもあるようです。

同じ物語でも、その昔、伝えた人次第で伝言ゲームのように、あらすじや主人公の性格も変化してしまったのでしょう。

あなたの住んでいる地域とは、離れた場所に故郷を持っている友人に、桃太郎含め別の昔話についても聞いてみれば、もしかしたら知っている話とはひと味違った昔話が聞けるかも知れませんね。

グロ…オオカミにおばあさんの肉を食べさせられた赤ずきんちゃん

「赤ずきんちゃん」と言えば、赤いずきんをかぶった女の子と、凶暴でずる賢いオオカミとの掛け合いが印象的な童話ですね。

おばあさんの家で先回りして待っているオオカミに、「赤ずきんちゃんが食べられちゃう!」と子供の頃にハラハラした、という記憶のある方もおられるのではないでしょうか。

この赤ずきんちゃんの童話の教訓は、諸説ありますが「女の子が一人で寄り道していたら危ない、悪い人に食べられてしまう、言いつけは守ろう」というようなものですが、まずは簡単にあらすじを復習してみましょう。

赤いずきんをかぶった女の子がいました。その女の子は赤ずきんちゃんと呼ばれていました。彼女はお母さんに言われて、病気のおばあさんの家まで、ワインとお菓子を持ってお見舞いに行きます。

寄り道してはいけないと言われた赤ずきんちゃんでしたが、道で出会ったオオカミにおばあさんの話をしたところ「花を摘んで行くと良いよ」と言われ、しばらく花摘みをします。

その間にオオカミはおばあさんの家へ先回りして、おばあさんを丸呑みにしてしまいます。やがて遅れてやってきた赤ずきんちゃんも、オオカミに丸呑みにされてしまいます。

おばあさんの家で、大きなお腹でいびきをかいて眠っていたオオカミに、通りすがりの狩人が気づき、オオカミの腹を裂くと赤ずきんちゃんとおばあさんが元気に出てきます。

3人はオオカミの腹に石をたくさん詰めて、再び縫い合わせます。目覚めたオオカミはお腹が重くて動けず、その場に倒れました。おばあさんは、ワインとお菓子で元気になりました。

以上が現代の大まかな内容ですが、1697年のシャルル•ペローの原作より前から伝わる民話では、おばあさんに化けているオオカミは、訪ねてきた赤ずきんちゃんに対して、戸棚の中の肉とワインを飲むよう勧め、赤ずきんちゃんはそれに従います。

ところがそのワインと肉は、オオカミの食べ残しであるおばあさんの血と肉でした。また、一度食べられたおばあさんと赤ずきんちゃんは復活せず、食べられたまま物語は終わります。

最後に、なぜか赤ずきんちゃんは、オオカミに勧められるままに、衣服を一枚一枚すべて脱いで暖炉にくべ、オオカミのいるベッドに入り、そのまま食べられてしまうという結末になります。裸でベッドに入り「食べられてしまう」という流れは何かを暗示しているかのようですね。

その他、最も新しい現代の赤ずきんちゃんでは、おばあさんがオオカミと赤ずきんちゃんを食べてしまうというパロディ作品(ヨアヒム•リンゲルナッツ『クッテル・ダッデルドゥが子どもたちに赤ずきんのお話を聞かせる』)の他…

「オオカミがおばあさんに化けている」と見抜いた赤ずきんちゃんが、即オオカミを銃で撃ち殺す(ジェームズ•サーバー「少女と狼」)というものもあるようです。

同じものでも、昔の童話と現代の童話、読み比べてみると、赤ずきんちゃんもオオカミも進化しているようでおもしろいかもしれませんね。

**************************
カードローンも一昔前と比べると、かなり使いやすくなってるって知ってました?
顧客満足度第1位の消費者金融はSMBCモビット!→http://sarakinkakumei.com/mobits/

1 3 4 5