よく見たらたどり着いてない…ブレーメンの音楽隊

ブレーメンの音楽隊、という童話を覚えているでしょうか。年老いたロバが先頭となって、犬、猫、ニワトリの4匹が一緒にドイツのブレーメンを目指す物語です。

年老いたり、体が故障したりと、人の役に立てない体になっていた彼らは、飼い主に処分されそうになったため家出をして、自由都市のブレーメンで音楽家になって、楽しく暮らそうとしていました。

実際、ドイツはブレーメンの旧市街の庁舎前には、ロバの上に犬、猫、ニワトリが乗ったブロンズの銅像もあり、そのロバの足をなでると願い事が叶うということで、ロバの足はピカピカになっておりちょっとした観光スポットにもなっています。

さて彼らがブレーメンに着く前に、ブレーメンを目指すのをやめてしまった理由とは何だったのでしょうか。また、ブレーメンという都市を目指していた理由も紹介していきましょう。

ブレーメンの音楽隊は、グリム兄弟が書いた童話で、古くはドイツの民話として12世紀頃には広く知られていたと言われています。

道中で出会った4匹は、ブレーメンを目指していましたが、途中で泥棒の家を見つけます。泥棒の家には、泥棒も住んでいましたが、ごちそうも宝物もあったことから、動物たちは「何とかして泥棒たちを家から追い出してしまおう!」と作戦を立てます。

そして、4匹はロバの上に犬が、犬の上に猫が、猫の上にニワトリが乗って、窓の近くに立ち、恐ろしい影絵を映し出して、めいめいが鳴き叫ぶことで、泥棒たちに「お化けだ」と思わせて彼らを追い出すことに成功します。

動物たちは、この家で一休みして再びブレーメンを目指す予定だったのでしょうが、予想以上にこの家の住み心地が良く、そのままこの家に住み着いてしまい、ブレーメンに行くことはなかったということです。

ブレーメンに行かなくても、気の合う仲間がいれば楽しく暮らせる、ということなのでしょう。そでは、彼らがなぜブレーメンを目指していたのかというと、当時ブレーメンは自由ハンザ同盟に加入していたためです。

自由ハンザ同盟とは北ドイツを中心にバルト海の貿易を独占した同盟で、ヨーロッパ北部の経済を支配していました。これに加入している都市は、全盛期にはブレーメンを含め200都市ほどあり、主なものにはリューベック、ハンブルクなどが挙げられます。

自由ハンザ同盟に加入している都市は自由ハンザ都市と呼ばれ、色々な人やものが多く出入りすることから、活気にあふれ仕事も豊富で、例えば元々は農家の人間でもロバたちでも、音楽の才能があれば音楽家になれて、楽しく暮らせる可能性がありました。

そこでロバたちは、ブレーメンを目指していたのですが、彼らは自由な都市に着く前に自由に暮らせる場所を見つけて、そこで幸せになった、というエンディングになっています。

タイトルに「ブレーメンの音楽隊」と付いているのにブレーメンに着いていないし、音楽隊にもなっていなんて、おもしろい話ですよね。

なので、ブレーメンの音楽隊を正確に表すとしたら、「ブレーメンを目指した音楽隊」「ブレーメンを目指していた4匹」「ブレーメンで音楽隊になろうとしていた4匹」ということになるのではないでしょうか。

なんと眠っている間に犯され双子を出産!眠り姫

眠り姫、と言えばディズニーなどでは「眠れる森の美女」というタイトルでアニメ化されている有名な童話ですね。また実写版でもディズニーの「マレフィセント」という作品があります。

眠り姫のその他の呼び名には「いばら姫」などが挙げられますが、もっとも古い原作では、「太陽(日)と月とターリア」というタイトルが挙げられます。

さて、今回取りあげるのは、このもっとも古い原作でのエピソードです。それでは早速紹介していきましょう。

眠れる森の美女は、元々はヨーロッパに伝わる民話であり、現在主に知られているのは、グリム兄弟が童話に書き直したものです。

ちなみにグリム兄弟以前には、赤ずきんちゃんなどの作者であるシャルル•ペローが童話にしていました。

このペロー版よりも古いものが、ジャンバッティスタ•バジーレの童話集「ペンタメローネ」に収録されている「太陽と月とターリア」です。

グリム版のあらすじと、ペロー版のあらすじの違いは、王女誕生のお祝いの会に呼ばれる魔女の数が、12人であるか8人であるかということと、ペロー版では、王子様のキスで目覚めるのではなく、ちょうど呪いが解ける時期だったため、王女は王子様の前で自ら目覚める、などの違いがあります。

その他、ペロー版では王女が眠ったあと、王様とお妃様は、魔法使いに相談して家来や料理番などは王女と同じように百年の眠りにつかせますが、自分たちは城を離れて普通に暮らし、一生を終えます。

また、呪いを解いた王子様と王女が結婚した後日談が記載されてあり、そこではなぜか、王子様の母親が人食い魔女であり、王女とその子供たち(男女の双子)を食べようとしたが、王子に撃退されたというエピソードがあります。

こちらは、古い原作の名残りのエピソードなのではないかと思えますが、王子様のある行動が省かれてしまっているので「どうしていきなり母親が人食いに?」という状態になってしまっていますね。

さて、それでは母親が人食いになってしまった、王子様の問題のある行動とは、いったい何だったのでしょうか。

もっとも古い原作の太陽と月とターリアでは、眠る王女の名前は「ターリア」となっており、眠りに落ちている城を偶然訪ねてくるのは、王子様ではなく、鷹狩りをしていた王様であるとなっています。

100年の時が経ち呪いが解けようとしていた城に訪ねて来た王様は、美しい眠り姫のところへたどり着き、その美しさに心を奪われます。

そして眠っている状態の王女をそのまま犯してしまった、というエピソードがあるのです。行為後王女は目を覚まさなかったので、王様はそのまま自分の国へ帰ります。

そして、王女は眠っている間に男女の双子を出産します。この双子の名前がタイトルにある「太陽」と「月」でした。間もなく指に刺さっていた針が取れて王女は目を覚まします。

王女を孕ませた王様も、自分の国から戻ってきて双子の誕生を喜びます。ここで問題なのは、王子様ではなく王様なので既にお妃様があったことです。

案の定、王様の浮気にお妃様は気付き嫉妬に燃えます。そして王様のフリをして双子を自分の国へ呼び寄せ料理長に二人をスープにするよう命じます。

料理長は機転を利かせ、子やぎの肉にすり替えます。そして次はターリアを呼び寄せて火あぶりで殺そうとしますが、それに気づいた王様によって、逆に火の中へ放り込まれるというエンディングを迎えます。

すべての原因は、王様の浮気にあったという童話らしからぬ童話ですね。しかしこれが、童話の原作のおもしろいところでしょう。

負けたウサギにはその後の名誉挽回物語がある?ウサギとカメ

ウサギとカメ、という童話を一度は読んだことがあるのではないでしょうか。ある日、かけっこで勝負をすることになったウサギとカメの話ですね。

「まさかのろまのカメに負けるはずがない」、と自分の力を過信したウサギはレースの途中で居眠りをしてしまい、その間にカメがゴールしてしまった、というお話です。また、ウサギが夜行性であることもカメが勝利する要因になったようです。

ちなみに、ウサギもカメも日本になじみ深い動物であることから、「これは日本が原作の昔話だ」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、この物語はイソップ童話の一つで、海外からやってきたお話です。日本に流入した年代については室町時代の後期以降と言われており、一般に知られるようになったのは、明治時代に教科書に載ってからのようです。

また、その頃のタイトルは現代の「ウサギとカメ」ではなく「油断大敵」というタイトルでした。まさにその通りですね。

さて、このウサギとカメですが、負けてしまったウサギにはその後の続きの物語が存在しているようです。今回は、その続きの物語を紹介していきましょう。

タイトルは「負けウサギ」というタイトルになっており、新潟県に伝わる民話とされているため、イソップ童話として伝わってきたその後に、どなたかが作り、語り継いで来た物語なのでしょう。

その物語とは、のろまのカメに負けてしまったウサギは、ウサギの仲間たちからバカにされ「おまえはウサギの恥さらしだ」と住んでいた場所を追い出されてしまいます。

しかし、近所に住むオオカミが、自分の住みかだった場所の子ウサギを狙っていると知ります。オオカミから子ウサギを守れば、一緒に暮らしていた仲間も認めてくれるのではないか、そう思った負けウサギは、仲間のところへ行って、自分がオオカミをやっつけてやると宣言します。

負けウサギは一人でオオカミのところへ行き、オオカミに言います。「子ウサギを連れてきたいのですが、オオカミさんの顔を見ると子ウサギたちが怖がるので、連れてこられません。良いと言うまで、後ろを向いていてもらえませんか」

そう言ってオオカミを後ろ向きに崖に立たせると、負けウサギは後ろからオオカミを思いっきりどつき、オオカミを谷底へ落としてしまいました。オオカミはそのまま崖下へ落ちて死んでしまいました。

そして、子ウサギたちはオオカミに食べられずに済み、負けウサギは英雄として仲間に温かく迎え入れられ、住んでいた場所に帰ることができました。というものです。

その他にも、地域によっては、ウサギとカメが再びかけっこをして今度はウサギが勝った、とするものもあるようです。

その場合は、カメのセリフが印象的で、かけっこの勝負の後に微笑んでいるカメを見て、ウサギが「どうしてそんなに嬉しそうなんだい?」と尋ねます。

するとカメは、「一度目の時よりもタイムが縮まったから」と答えるようです。カメは、ウサギと勝負していたと同時に、実は過去の自分と勝負していたという深い内容ですね。

昔話や童話は、人に読み継がれ親しまれているほど、作家や読む人の心に残り、「あの主人公はこの後こうなったのではないか、こうなれば良いな」などの想像がふくらみ、地域によって色々な物語が誕生するのでしょう。

原作では欲張りじいさんの自己中な行動が酷い!花咲か爺さん

花咲か爺さんという昔話を覚えているでしょうか。「枯れ木に花を咲かせましょう」というフレーズが印象的な昔話です。

このあらすじも、現在のものではいくらかソフトな表現になっている場合が多いようですが、元々の原作ではどうだったのでしょうか。今回はこちらの昔話についてご紹介しましょう。

花咲か爺さんという昔話は、元々は「花咲か爺」や「枯れ木に花咲かせ爺」という題名で発表された昔話で、室町時代から江戸時代末期にかけて成立した歴史の古い昔話です。

物語の登場人物には、一組のおじいさんおばあさんと、彼らに拾われ可愛がられる白い犬、そしてそのおじいさんたちとは対照的に欲の深い、もう一組のおじいさんおばあさんが出てきます。

現在の物語では、最終的に欲張りなおじいさんおばあさんは自分たちの行いを悔い改め、平和なエンディングを迎えるものが多いようですが、原作では彼らの欲深さが際立っています。

まず、おじいさんとおばあさんが畑仕事をしていた際、かわいがっていた犬(名前はシロ)が、「ここ掘れワンワン」と鳴き始めたので、そこを掘ると大判小判がたくさん掘り出されます。おじいさんたちは裕福になり、近所にもその福をお裾分けしたのですが…

「うちの畑でも大判小判をいっぱい掘り出してほしい!」と、この状況を妬んだ欲張りなおじいさんおばあさんは、シロを無理矢理に自宅の畑に連れて来て、「大判小判を探せ!」とどついたり蹴ったりします。

その結果、シロはある場所でワンワンと鳴くのですが、そこを掘ってもがらくたしか出てきませんでした。怒った欲張りの老夫婦は、持っていたくわでシロを殺してしまいます。

シロの飼い主のおじいさんたちはたいへん悲しみ、シロの亡骸を引き取るとお墓を作り、お墓の側には松の木の苗を植えて供養します。するとその木は、すぐに大きな木へと急成長しました。

「シロは餅が好きだったなあ」と大きく成長した木を見たおじいさんはシロを思い、「そうだ、この木で臼を作ってお持ちをついてやろう」早速その松の木を切り倒し臼を作っておばあさんとお餅をつくと、餅の中から再び大判小判が溢れ出てきます。

これを見た欲張りじいさんは、「羨ましい!」と思いその臼を強引に借りて餅をつきます。しかし餅からはゲテモノや汚物しか出てきません。怒った欲張りじいさんとおばあさんは、借り物の臼を斧で割って薪にして燃やしてしまいます。

シロの飼い主のおじいさんたちはその灰を引き取り、シロの墓へまいて供養しようとしましたが、どこからか暖かな風が吹いて来て、庭の草木にかかったかと思うと、そこら中の花が咲き始め、おじいさんの庭は美しい春景色になります。

「枯れ木に花を咲かせましょう」と言って歩いていると、大名とすれ違います。大名は「おもしろい、それではその桜を咲かせてみよ」と言うのでおじいさんは、枯れ木の桜の木に灰を振りまくと見事な花が咲きました。

その花があまりにも美しいので、大名はおじいさんにたくさんの褒美を授けます。これを見た欲張りじいさんたちは、真似をして灰を撒きますが、花は咲かず、灰が大名の目に入ったことで罰せられます。

最後の最後にすっきりしましたね。これでシロも少しは報われたことでしょう。しかし、欲張りな人はどこまでも欲張りです。人に優しく接するという心の余裕を持って、暮らしたいですね。

1 2 3 4 5